善玉コレステロールを増やす役割

DPA、DHA、EPAは、n-3系の不飽和脂肪酸で、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きのある、“健康に良い油”です。

『マンボウサンQ』に含まれる成分について、解説します。

●DHA(ドコサヘキサエン酸)

魚の中では特にマグロに多く含まれています。
血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあり、生活習慣病の予防に効果があります。
人間の身体の中で、とりわけ脳や神経、目の器官に多く存在し、脳の活動や視力を保つのに大切な成分です。
したがって、認知症の予防や改善にも効果があるとされ、注目されています。

●EPA(エイコサペンタエン酸)

イワシやサバなどの青魚に多く含まれています。
血液を固まらせる物質の生成を抑えたり、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させたりし、血液の流れをサラサラにする成分として注目されています。
動脈硬化や脳梗塞など、血管に関する疾病だけではなく、高血圧症の予防・改善にも効果があります。

●DPA(ドコサペンタエン酸)

アザラシやサメ、マンボウなどの肝臓に含まれる成分です。
血液をサラサラにする効果がありますが、そのパワーは、EPAの10倍とも言われ、近年注目されるようになりました。
EPAの働きを助ける作用もあるため、一緒に摂取することで効果が更に高まります。

●コエンザイムQ10

体内で、食事によって摂られた栄養分をエネルギーに変える働きをしています。
抗酸化作用があるため、健康や美容、アンチエイジングに効果があります。