ドコサペンタエン酸 効果

「DPA」が注目されるきっかけとなったのは、アラスカやグリーンランドなどの地方に住むエスキモーたちの食生活と健康状態でした。

年間を通してほとんどが氷雪に覆われるこの地域では、穀物や果物の栽培はできないため、 エスキモーたちは当然それらをほとんど食べることはなく、その土地で獲れるアザラシやクジラなどの肉を主食としています。

こんなふうに野菜を取らず、毎日お肉ばかりを食べていると、健康に支障が出そうなものですが、エスキモーたちの健康状態はきわめて良好・・・。

それはなぜ?

そんな疑問から注目されるようになったのが「DPA」なのです。

DPAは、アザラシなどの海獣類の脂肪に含まれる成分で、血液をサラサラにして、コレステロールのバランスを整えたり、動脈硬化などの病気を予防する効果があることがわかっています。

同じ「脂肪分」であっても、牛肉や豚肉に含まれるものとは違い、健康効果の高い脂肪なのです。

その働きは、青魚に含まれるサラサラ成分でよく知られるEPAの10倍とも言われており、DPAのサラサラパワーは、今、注目を浴びているのです。